« 市役所の罪を民間になすりつけ? - 高岡市役所官製談合疑惑についてまとめてみる | トップページ | お年寄りの皆さんはもう少し注意深くあってほしい »

2010年8月19日 (木)

高岡市役所官製談合疑惑の報道を繋ぎ合わせて浮かぶストーリー

先日のエントリーの内容から、自分が想像した事件の流れを記しておきます。

事実は往々にして異なるのでしょうけれど。参考までに。

---

 

橘元市長の下、高岡市役所は公共事業の発注先の選定方法を、公平さや価格に問題の出がちな随意契約から競争入札へ切り替えようとしていた。

遺跡発掘調査事業を初めて競争入札に切り替えた2008年、市の担当者は不慣れさから継続して利用してきた業者に受注させようと談合の依頼をしてしまう。

翌2009年も市の担当者は談合を依頼するが、 北陸航測などは身の危険を感じて打ち合せの内容を録音するようになっていた。

やがて誰がしかから告発が行われて警察が官製談合の疑いで捜査を始める。それに気づいた市役所の管理職は担当職員に説明を求める。次いで警察から市役所への捜査協力要請と、担当職員への任意の事情聴取が行われる。

担当職員は2010年1月末に失踪、3月に遺体で発見される。

警察と市役所の管理職は捜査の過程で担当職員を追い詰めすぎて自殺させてしまったのではないかと考え、事態の隠蔽を始める。

警察は捜査容疑を官製談合から業者間談合に切り替え、市役所を捜査対象から外す。市役所の管理職は警察に捜査協力を依頼されるまで知らなかったと嘘の発表を繰り返す。

6月に業者3社の営業職員が逮捕され、9社が書類送検。内2社が起訴される。

7月に高橋市長により市役所の内部調査が始まる。7月中旬の中間発表で警察の調査協力以前に事件を認識していたことを認める。8月の最終報告で管理体制に問題はあったが、談合関与は確認できなかったと発表。

8月現在、業者間談合として裁判が進行中。

|

« 市役所の罪を民間になすりつけ? - 高岡市役所官製談合疑惑についてまとめてみる | トップページ | お年寄りの皆さんはもう少し注意深くあってほしい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176530/49212187

この記事へのトラックバック一覧です: 高岡市役所官製談合疑惑の報道を繋ぎ合わせて浮かぶストーリー:

« 市役所の罪を民間になすりつけ? - 高岡市役所官製談合疑惑についてまとめてみる | トップページ | お年寄りの皆さんはもう少し注意深くあってほしい »