« ボランティア的営業 | トップページ | 百マス計算をする »

2007年1月13日 (土)

求人情報誌が無い

本屋に求人情報誌を探しに行ってきたのですが、富山にはロクな求人誌が無いことに気付きました。
二紙置かれていたのですが、どちらもアルバイト求人ばっかり。
首都圏ならfromAに相当するような情報です。
B-ingみたいな情報を期待していったので、びっくりしてしまいました。
1月だと大学3年生の就職活動は始まっているでしょうに。

フリーターにならずに正社員として働きなさいという論調を見かけるけど、この情報のお粗末さをでは、そんなのは無茶な要求だと言わざるを得ないようです。

今朝の日経の1面トップの記事の主因は都市圏への人口集中でしたが、主因はこの仕事不足なんじゃないかな?

日経-人口、再び大都市集中・東京圏転入超過、バブル期並み

暮らすだけなら地方の方が圧倒的に便利ですものね。

もしかして転職市場だけがないのかな?
それとも求人情報誌をつくる出版社だけがお粗末なのかな?
インターネットには多量の情報があったりするのかな?
検証してゆきたいと思います。

|

« ボランティア的営業 | トップページ | 百マス計算をする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地方密着なら新聞折込の求人広告なんてどう?

投稿: iwa | 2007年1月14日 (日) 11時34分

iwaさん
ありがとうございます。
新聞があるんですね。
北日本新聞の県内購読率の高さは侮れませんから強力なツールになりそうですね。

投稿: 発電所所長 | 2007年1月14日 (日) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176530/13461765

この記事へのトラックバック一覧です: 求人情報誌が無い:

« ボランティア的営業 | トップページ | 百マス計算をする »